鮎の一夜干し






メールでいただいた食べ方です。

作り方

鮎の背から包丁を入れて、頭から尻尾にかけて背開きにします。頭部も半分に割ります。 内臓と腹の黒い薄膜をきれいに洗い流し、3%程度の塩水に1時間ほどつけておきます。 塩水から取り出し、容器の中にキッチンペーパーを敷いておき、塩水が表面に付いたまま容器の蓋をして冷蔵庫に入れて一日間おきます。 翌日、うっすらと焦げ目が付く程度あぶって食べます。最高に美味しいですよ。塩水の代わりに醤油と酒、みりん につけて同様な一夜干しを作る方法もありますが、鮎の香りを味わうなら塩水の方がよいと思います。    




鮎のおいしい食べ方講座へ戻る