鮎のから揚げ

作り方

 鮎を背びらきにして中骨をぬき、薄い塩水で水洗いしてふき取った後、片栗粉を
つけ160〜170度の油で気長くカラッと揚げます。大葉を敷いて紅生姜などで彩ります。
 鮎はワタが香りもよくおいしいので、調理の時も内臓を取り出さない方がおいしく、
姿も美しい。しかし、鮮度が落ちたものは、魚の裏の胸びれ下に切り目を入れて、内臓を引き出します。



鮎のおいしい食べ方講座へ戻る