鮎塩焼き

作り方

 鮎は腹を押さえてフンを除き、軽く水洗いしてぬめりを取ります。
水けをふき取って串を打ち、全体に塩を振り、尾や胸ビレなどは
焦げないように化粧塩をします。強火の遠火で焼き上げ、熱いうちに
串を抜いて、スダチ、ハジカミなどとともに盛りつけます。
 鮎の塩焼きに欠かせない”タデ酢”は、すり鉢でよくすったタデの葉に
少量のご飯やゆでたほうれん草の葉先を加えてすったり、だし汁や
塩を加えることもあります。



鮎のおいしい食べ方講座へ戻る